会員ログイン | よくある質問 | サイトマップ  エコマックスのメニューボタン:お支払お届けについて 燃費向上グッズ@エコマックスのショッピングカート 

自動車の排気ガス減少(NOx削減)と燃費向上データ

エコマックスストア:ロゴエコマックスストア:送料無料エコマックスストア:クレジット決済
お問い合わせ電話番号
燃費向上グッズ@エコマックス|お問い合わせ

エコマックスのメニューボタン:ホームエコマックスのメニューボタン:ボイラー用エコマックスエコマックスのメニューボタン:自動車用エコマックスエコマックスのメニューボタン:エコマックスの特徴エコマックスのメニューボタン:エコマックスの実証データエコマックスのメニューボタン:燃費向上グッズ一覧

エコマックスストアは、口コミ(くちこみ)で評判の燃費向上添加剤「Beingエコマックス」正規品販売ショップです。例えばボイラーに使えば大幅な経費削減の効果があり、自動車やトラックに使えば排気ガス(NOxCo2)を削減するとともに燃費が大幅に向上し、パワーアップします。限りある資源を最大限に活かすことが出来るエコな燃費向上グッズです。詳細はこちら

[ ECOMAX STORE ] ホーム > エコマックスとは > 自動車の排気ガス減少(NOx削減)と燃費向上データ

エコマックス添加後の燃費計測データ

各専門機関にて実証された、エコマックス添加後の燃費向上に関するデータを掲載しています。
※クリーニング店での灯油ボイラーによる経費削減検証はこちら

エコマックスの効果

ECOMAX計測データ(計測:株式会社日本テクノ)

エコマックス計測データ表

燃費比較表(計測:有限会社カーゴサービス)

エコマックス計測データ表

株式会社早稲田環境研究所が効果を実証しました

エコマックスによる燃費変化の検証
ダウンロードはコチラ(PDF)

本調査ではECOMAX添加無し、1000分の1添加、2000分の1添加という3条件下での燃費を調査した。2000分の1添加での計測前に、「1000分の1添加でガソリンタンクの半分以上ガソリンを使う」ステップと、「2000分の1添加で1度ガソリンをほぼ空にする」ステップという効果浸透期間を経た。その結果、効果浸透期間前の1000分の1添加での結果は添加前に比べ燃費が2.1%悪化し、効果浸透期間後の2000分の1添加での結果は添加前に比べ3.4%燃費が向上した。よって、ECOMAXを利用する際は、初回使用時での燃費で判断するのではなく、ある程度距離を走行し、効果浸透期間を経た2回目以降の燃費により判断すべきである。

今回の検証だけでは、更なる長期利用時の燃費改善効果に関して判断することは出来ないが、更に燃費が向上する可能性がある。今後は更なる長期的な検証を行うことにより、継続利用時の効果検証を行うことを推奨する。

株式会社早稲田環境研究所
「ECOMAXによる燃費変化の検証〜まとめ」より

エコマックス添加後の排気ガス実証データ NOX削減・CO2削減

エコマックス排気ガス減少効果の実証データ

エコマックス添加ありなし 自動車から排出される有害排気ガスは、燃料の不完全燃焼が主な原因!そこで、すべての内燃機関で極限まで燃料の完全燃焼化を促進する研究を重ね、永い歳月を経て ついにエコマックスが完成しました。燃費向上は基より、排気ガス中のCO2、NOX、SOX、黒煙などの大幅な削減に成功しました。以下が信濃公害研究所で調べていただいたデータ結果です。

データ結果1 : ガソリン自動車(トヨタ アリオン)で検証

計測車両(普通自動車)

車種 : トヨタ アリオン 平成14年3月登録車 総排気量 1500cc オートマチック車両
使用燃料 : レギュラーガソリン(出光)

計測条件

パーキングでアイドリング状態 エコマックスを使用し、2回目に計測。
使用料 : 初回:燃料50Lに50ml 2回目:燃料50Lに25ml投入

  測定日 走行距離
エコマックス添加なし 平成23年1月12日 55,327Km
エコマックス使用あり 平成23年1月31日 56,401Km
※自動車の走行距離が伸びました。

計測結果
  エコマックス添加なし エコマックス使用あり
1.ばいじん濃度
 ばいじん量酸素補正値
0.001g/m3n 0.001g/m3n
2.硫黄化合物濃度(SOx) 28ppm 16ppm
3.硫黄化合物排出量 0.0009m3n/h 0.0004m3n/h
4.窒素酸化物濃度(NOx) 38ppm 13ppm
5.窒素酸化物量酸素補正値 38cm3/m3n 13cm3/m3n
6.水分量 1.6% 1.0%
7. 排出ガス温度 33℃ 36℃
8.排出ガス流速 5.3m/s 4.6m/s
9. 湿り排出ガス量 33m3n/h 27m3n/h
10.乾き排出ガス量 32m3n/h 27m3n/h
※排気ガスが大幅に減りました。


排出ガス組成
  エコマックス添加なし エコマックス使用あり
1.二酸化炭素(CO2) 6.4% 11.8%
2.酸素(O2) 12.4% 4.5%
3.窒素(N2) 81.2% 83.7%
※二酸化炭素(CO2)が増えたように見えますが、実際は燃焼効率の向上によって、排出ガスの総量やガソリンの使用量が大幅に減る為、排出される二酸化炭素(CO2)の総量も大幅に減っています。

データ結果まとめ

信濃公害研究所での測定により、ばいじん濃度を除く すべての排出ガス(NOx等)で数値が大きく減りました
排出ガス組成におきましては、二酸化炭素(CO2)と窒素(N2)が増え、酸素が大幅に減り、排出ガス温度は3℃上昇しました。
これが有害排気ガスが減り、エンジン内部のガソリン燃焼が大きく向上し完全燃焼を促した結果です。

実際にいただいた紙の測定データは、以下のPDFです。(※必要事項のみ掲載)
エコマックス添加あり エコマックス添加なし

データ結果2 : ディーゼル車(三菱ふそう キャンター)で検証

計測車両(普通自動車)

車種 : 三菱ふそう キャンター(年式:平成20年) 総排気量 5000cc ターボ車
装備 : 3tクレーン搭載 走行距離178,685km
走行 : 年間走行 70,000km
ディーゼル車グラフ
エコマックスの添加により完全燃焼に近づき排ガスがクリーンになりDPF装置(排ガス帰化装置)の作動が激減、一度も作動しないケースもありました。燃費も7.0qから8.5qも向上しています。
また、車検時の排ガス検査で排出量が多くて、検査に通らない時にエコマックスはとても有効だとの報告が自動車整備会社より寄せられています。


自動車の燃費向上、ボイラーの経費削減にエコマックスエコマックス商品一覧

エコマックスストアのお問い合わせ先

お問合わせの前に「よくある質問」をご覧下さい。
良くある質問


ホームページからのお問い合わせは「お問合わせフォーム」をご利用下さい。
お問い合わせ
24時間受け付けております。

法人様向け燃費向上グッズのご案内
燃費向上グッズ@エコマックス|ページトップへ